メニュー

大腸内視鏡検査

こんな方におすすめ

  • よく便秘になる ここ最近便秘が続く、最近、下痢が多い
  • 下痢と便秘をくり返す
  • 時々、お腹が痛い
  • よくお腹がはる感じがする
  • 血便がある・便に血が付いている
  • お尻を拭くと、紙に血が付いてくる
  • 便潜血検査が1回以上陽性
  • 以前に大腸ポリープの治療を受けた
  • 健康診断で貧血と言われた
  • 40歳以上になった
  • 血縁者(3親等以内)に胃や大腸のがん患者がいる

などの方は大腸内視鏡検査をお勧めします。

診断できる病気

大腸がん、大腸ポリープ、大腸憩室症、虚血性腸炎、炎症性腸疾患、過敏性腸症候群、大腸炎など

正確な診断を行うためには大腸内視鏡検査が必要となります。また症状のない方でも定期検査を受けていただくことで早期の大腸がんや腺腫を発見することができ早めの治療が可能となります。治療後の方も定期的な大腸内視鏡検査をお勧めしています。

当院の大腸内視鏡検査の特徴

当クリニックでは特殊光NBIや拡大観察が可能な内視鏡システムを導入しております。微細な粘膜の病変も見逃しなく検査が可能ですから大腸がん検診で便検査陽性の方に最適です。鎮静剤は使用しなくても検査は受けられますが、他施設で盲腸まで挿入できなかったり、痛くてつらい経験をされた方、眠って楽に検査を受けたい方には鎮静剤を使用いたします。その際には検査後の安静が必要ですので同日の車の運転はできません。検査中のモニター監視に加え、リクライニング型ストレッチャーを使用し看護師に管理された4つのリカバリ-ベットを備えておりますので安心して検査をお受けください。

内視鏡の消毒には日本消化器内視鏡学会による内視鏡洗浄、消毒のガイドライン通りアセサイド(過酢酸)を使用した洗浄機を採用し、高レベルの洗浄、消毒が行われております。感染予防のため検査着や器具は使い捨て製品を使用しています。

当院では炭酸ガス(CO2)を用いて検査を行います。炭酸ガスは空気よりも吸収が約200倍早く検査後にお腹が張って苦しいということはほとんどありません。

内視鏡を使用しないCTコロノグラフィーは服用する下剤の量は約1/2で、癒着が強く挿入困難の方や80歳以上の高齢な方にはお勧めしております。当クリニックでは行っておりませんのでCTコロノグラフィー検査数の多い川越胃腸病院本院にスムースに紹介できます。

検査で大腸ポリープや大腸がんが発見された場合、同時に内視鏡下で切除します。切除できない大きさや外科治療が必要な場合は川越胃腸病院本院に紹介いたします。大学病院などご希望があればそちらをご紹介いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME